FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

Wrye Bashのパッチの作り方メモ

●Bashed patchの作り方 (Tag付けの適用やLeveled Listsなどの競合を回避します)
  以下は最低限の使用方法でBOSS導入前提です。

1.Wrye Bashを起動、Modsタブを開き左下のBOSSアイコンから一度BOSSを起動します。
  (BOSSアイコンはBOSSのインストーラー版のみ表示されます)
  (MOのLOOTを使っていてBOSSを導入していない場合はこの手順は不要)

2.MODsタブで一番上の「File」欄を右クリック→File→New,Bashed Patchと選択する。

3.生成されたBashed Patch, 0.espにマウスをのせ右クリック→「Rebuild Patch」を使用します。

4.Build PatchでBashed patchの作成完了です。作成後ロードオーダーは最優先するのが一般的
  (MOから実行している場合はOverwriteフォルダをMOD化してアクティブにします)

5.Bashed patchでマージされているMODを外した場合、もう一度作りなおすこと。CTDを起こします。

【引用元】Wrye Bash : Skyrim Mod データベース

関連記事

スポンサーリンク

trackback

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-11-01│23:32 |
  • [edit]
ありがとうございます!
引用元を記すのを失念しておりました。
ご指摘ありがとうございました。
  • 2015-11-02│23:56 |
  • あみーん URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


Skyrim Legendary Edition

エルダー・スクロールズ・オンライン 日本語版

プロフィール

あみーん

Author:あみーん
TESシリーズを楽しんでます。
記事はブログの性質上ネタバレありまくりですので、ご注意ください。

最近の記事+コメント

カテゴリ

openclose

タグクラウドと検索

QRコード

QR

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。